お肌にやさしい化粧品

お肌にやさしい化粧品を選ぶとき、どのような点に気をつければ良いのかピックアップしてみました。

まず、合成着色料、合成香料、アルコール(エタノール)、石油系の界面活性剤が配合されているかどうか?をチェックして見て下さい。

敏感肌の方ならなおさら、これだけは避けてほしい成分です。

上記4点は、お肌に強い刺激を与えトラブルを招いてしまいます。

パラベン(防腐剤)がお肌に悪いということでパラベン配合の有無でお肌にやさしい化粧品かどうかを判断してしまう人も多々みかけますが、パラベンが入っていなければ大丈夫というわけではありません。

わたしたちのお肌に有害な成分は多種多様です。

「無添加化粧品」もお肌にやさしいと認識している人が多いようですが気をつけなくてはいけません。

どんな成分が無添加なのか? そこが問題です。

騙されないでください!

わたしたちのお肌はよ~く知っています。

あなたの大切なお肌を守るのは化粧品ではなく、あなた自身なのです。

基礎化粧品の選び方、間違っていませんか?

わたしたちは少しでも美肌に近づきたいとアレコレ化粧品を試します。

お肌にとっていちばん大切なのは「保湿」と言われていますが、「保湿」とはそもそもお肌に水分を与え、それを維持することで「保湿」となります。

でも、実はお肌の水分を維持するためには、適度な油分が必要です。お肌の水分を逃がさない・・・ここが大切なところなのです。

美肌のためにたっぷりの化粧水(水分)は必須。

たっぷりの水分を与えたあとは、それを維持するために適度な油分を与えて保湿の仕上げをするわけです。

そこへ必要に応じて機能性の化粧品をプラスしていけばOKです。

難しくあれもこれも使う必要はありません。

シンプルに、汚れを落とししっかり保湿!これだけでも十分に美肌を維持することができます。

宣伝広告の魅力的な言葉につられてしまってはいけません。

化粧品の選び方、使い方ひとつでお肌の状態を左右してしまうことを忘れないで下さい。よく読まれてるサイト>>>>>シンデレラタイム クレンジング 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です