ジュラシック・ワールドを一足早く見てきました!

ジュラシック・パークと言えば、あ~~あれ!と思いだす人も多いことでしょう。
そのシリーズ4作目の「ジュラシック・ワールド」が日本でも公開間近となってきましたよ。

一足先に公開されてる海外ではどんな反応なのか気になって調べてみました。

*最初はなんとなくつまらなく、途中からスリル満点で夢中になりました。が、最後はまたちょっと今一つな感じでした。

*最高の恐竜映画。小さいころに見たジュラシック・パークが思い出されてよかったです。

*最後の20分が最高でした。胸にジーンときてほれぼれしました。やっぱりスピルバーグの映画だって感じです。

*面白いというわけでもなく、面白いというわけでもなく、といった感じ。
以前の作品のように緊張感があるわけでもなく、没頭して見る時間もほとんどなかった。

*テーマパークと言えば、年齢性別を問わず誰もを満足させてくれるものですが、まさにそんな映画でした。
スケール、スペクタクル、アドベンチャーなどすべてを備えている映画とも言えます。ジュラシック・パークのファンだった人たちには、うれしい場面に多く出会えると思いますよ。

意外と不評も多く見えたのですが、ジュラシック・パークのファンたちには、見ごたえある映画になってるようですよ。
公開間近のジュラシック・ワールド、楽しみですね。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>http://leefamilyjp.sakura.ne.jp/cysayrenew/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です